kodawari_T

竹屋饅頭の由来

一意専心
当店ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
庄原市東城町は江戸時代、広島浅野家の城代家老の居城があった城下町。
この町に住んでいた竹屋こと谷以信が
日々のつれづれに団子風のものを作って近隣に配ったところ
これが大変な評判を呼んだため、以来饅頭作りを本業としております。
時は1861年(文久元年)、竹屋饅頭本舗はこうして創業いたしました。
私共は、この伝統に甘えることなく、時代は移り変わっても
常に人々と共にある、おいしくて体に安全な饅頭作りに
一意専心、日々精進して参ります。
今後共お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。
いつも竹屋饅頭を愛してくださる皆様に心から感謝を込めて。竹屋饅頭本舗 八代目当主 谷壮一郎

150年愛される味

竹屋饅頭は江戸時代より続く酒饅頭。
酒饅頭は古来より、糀を使った健康的な伝統食です。

元祖竹屋饅頭とは?

糀ともち米で発酵させた酒種を用いた、本格的な酒饅頭です。膨張剤や添加物などを安易に使わず、原料に含まれている乳酸菌と、酵母の自然な発酵に任せて生地を膨らませるという、創業当時と変わらない製法をそのままに作り続けています。冷房も暖房もない、自然の環境の中で作った昔ながらの饅頭を、自然のまま味わっていただきたい…
竹屋の願いです。

その日の饅頭は、その日のうちに…をモットーに

朝4時から製造がはじまり、店の開店は午前6時30分。その日の饅頭は、その日のうちに売り切ってしまいます。本格的な酒種酵母を使っており、自然のものだからこそ、日時がたつと固くなります。
「うまいものは宵のうちに食え!」と昔から言うように、“美味しい”にも旬があります。時間の経過を止めることなんてできないのですから。どうぞお早めにお召し上がりください。

消費期限、わずか2日間にこだわる

「もっと日持ちがしたら良いのに…」と思われるかもしれません。
私共は、美味しさとは一時のことであり、無理に日持ちを良くすることは「自然ではない」と考えます。
防腐剤や保存料など余計なものは一切使わず、日持ちはしませんが、それだけ安心な饅頭として古くから幅広い年齢層の方に親しまれています。

竹屋饅頭の命の酒種

酒種は生きています。

室(むろ)に入ると、馥郁とした酒の香りが立ち上ります。
酒種とは饅頭の元となる甘酒のようなものです。毎日休むことなく、良質な地元東城産の米から作った糀と、蒸したもち米を合わせて仕込むことによって、代々変わらぬ味が生き続けていくのです。

酒種は季節だけでなく、その日の気温・湿度の変化にも非常に敏感に反応し、発酵具合が違ってきます。
生地の出来に影響し、ひび割れなどの原因になりますので、一時たりとも気が抜けません。

前日、室で自然発酵させた酒種と小麦粉をこねて元種を作り、さらに発酵させ、当日朝に小麦粉を加えて生地を作ります。手のひらで波打ちながら練る「菊練り」という技術によって、しっとりとした食感が生まれます。その日の気温・湿度によって粉の配合を変えたり、手触りや香りなど五感を使って微妙な加減が必要です。常に職人の長年の経験や勘で調整します。

こだわりの自家製餡

あずき

饅頭にはかかせない小豆餡。
小豆はビタミンB1、カリウム、食物繊維やポリフェノールを豊富に含んでおり、利尿効果や解毒作用の効能があるとされています。

竹屋の自家製餡は、饅頭ごとに素材を選択し、味付けや加工法も異なります。
最初に、えりも小豆から粒よりの豆だけを手作業で選別するところから始めます。
さらしてあく抜きをし、炊きあげる工程も、それぞれの饅頭に合わせた餡を職人の3K「勘・経験・こだわり」で仕上げていきます。
手間を惜しまず、昔ながらの製法で丁寧にじっくり仕上げる自家製餡だからこそ、小豆本来の美味しさを味わっていただけます。